ページ内を移動するためのリンクです。

東レ健康保険組合

文字サイズ変更
標準
大きく
最大
現在表示しているページの位置です。

前期高齢者訪問健康相談事業(被扶養者)

東レ健保では、65歳以上の被扶養者であるご家族の健康の保持増進を図ることを目的として訪問健康相談事業に取り組んでいます。
本事業は、当組合委託先(SOMPOヘルスサポート株式会社)の健康相談員(保健師・看護師など)がご家庭を訪問し、「日常の生活習慣や健康状態」、「ご家族の健康問題」等のご相談のほか、「新型コロナウイルス感染症に伴うお困りごと」などもお気軽にご相談いただけるものとなっています。
あくまで任意であり強制ではございませんが、みなさまの健康支援事業として、ぜひ、ご活用いただければと思います。

毎年4月頃に対象となる被扶養者宛てへ事業のご案内状と「訪問健康相談事業回答票」を送付しますので、希望される方は、お申し込みいただきますようお願いいたします。
訪問にあたっては、健康相談員から事前に電話でご都合をお伺いさせていただいたのち、訪問いたします。

(注)訪問健康相談におけるプライバシーに関しては、当健康保険組合および健康相談員が責任を持って管理いたしますのでご安心ください。

訪問相談事業の流れ

訪問相談事業の流れは以下のとおりです。

訪問相談事業の流れ

・基礎疾患があるため不安を感じている ・運動不足、体力の低下、睡眠不足などを感じている ・生活習慣の振り返り、食生活、運動習慣、睡眠や余暇の過ごし方
相談内容はどのようなことでも結構です。お気軽にご相談ください。